30日間無料体験
見積りシミュレーション
お問い合わせ資料請求

ニュース

勤怠管理システム「KING OF TIME」が統合型エンドポイントマネジメント 「LanScope Cat」と連携を開始

公開日:2020年1月31日(当記事の内容は公開時点のものです)

株式会社ヒューマンテクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役:恵志 章夫)が提供するクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」は、エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役:河之口 達也)が提供するIT資産管理ソフトウェア「LanScope Cat」との連携機能を開始することにより正確な勤怠管理を実現し、企業の働き方改革を推進します。

本連携により、パソコンの利用開始・終了時間を「KING OF TIME」の出勤・退勤時間とすることが可能になり、パソコンの使用時間を把握することで実態に近い勤務時間の取得を実現致します。

「KING OF TIME」×「LanScope Cat」連携開始

連携背景・内容

IT資産管理システムの基本は企業・組織内のハードウェア、アプリケーション、ドキュメントに関する詳細な情報を把握することですが、一方で厚生労働省が定めた労働時間を管理するガイドラインでは、「パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録を基礎として確認し、適正に記録すること」とされています。
今回の連携によりパソコンの利用開始・終了時間を「KING OF TIME」の出勤・退勤時間とすることが可能になり、パソコンの使用時間を把握することで実態に近い勤務時間の取得を実現致します。


<各サービス>
■ 統合型エンドマネジメント【LanScope Cat】について
「LanScope Cat」は、IT資産管理・内部情報漏えい対策の分野で15年連続シェアNo.1※1を誇る「統合型エンドポイントマネジメント」ツールです。エンドポイントにおいて、外部脅威対策・内部不正対策・IT資産管理をカバーし、ログ運用を中心とした統合管理を行うことができます。
※1:富士キメラ総研「2005~2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」の「端末管理/セキュリティツール」分野(2018年度)
URL:https://www.lanscope.jp/cat/about/

■ 勤怠管理システム【KING OF TIME】について
打刻データがリアルタイムにブラウザ上で管理出来るので「作業効率」と「コスト削減」の実現が可能です。 導入企業は19,000社以上、実利用者数は1,500,000人以上(2019年12月時点)と勤怠管理クラウド市場※シェアNo.1のサービスです。
URL:https://www.kingtime.jp/
※シェアNo.1表記について
「KING OF TIME」は、2019年 富士キメラ総研調べ:勤怠管理Saas市場 利用ID数より


プレスリリースの詳細は下記をご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000010477.html