30日間無料体験
見積りシミュレーション
お問い合わせ資料請求

アラート機能

アラート機能

アラート機能

時間と日数を基準に残業時間数や遅刻回数等が、一定の値を超えた場合に
アラート表示させる、打刻忘れ等計算できないデータを一覧表示させる等、
ある条件下のデータをピックアップして表示させることができます。

アラート表示

・月の残業時間が30時間を超えた場合
・遅刻回数が3回を超えた場合
・月の残業時間が20時間かつ休日出勤日数が2日を超えた場合

上記のような、指定した条件を満たした、もしくは満たさない集計値に色を付けて表示させることができます。
このアラート機能を活用する事により、例えば未然に働き過ぎを察知でき、すばやい対処が可能になります。

エラーデータの確認

従業員の打刻忘れ、休日に打刻がある等、勤怠計算ができないものが一覧でエラーとして表示されます。
リアルタイムでの確認が可能な為、締め日に作業が集中する事がありません。

打刻忘れに関して、従業員、管理者へメール通知することも可能です。

活用事例

  • 決め手となった重要なポイントは、マネージャーが従業員の残業時間などをリアルタイムで把握できるという点です。
    例えば平均残業時間が2時間を超えるスタッフを画面上で黄色に表示させるのは魅力的です。(ハートビーツ様)
  • リアルタイムに管理する事により「見える化」が実現し、導入後は全従業員の残業時間が前年比約15%削減できた。(LmD様)