30日間無料体験
見積りシミュレーション
お問い合わせ資料請求

タイムカードとKING OF TIMEの違い

タイムカードとKING OF TIMEを比較

タイムカードとの違い

今もなおタイムレコーダー(タイムカード)を使用したアナログな勤怠管理が一般的です。
しかし、近年クラウドの普及に伴い、容易・安価に導入できるクラウド型勤怠管理システムが普及しています。
紙のタイムカードを使用した管理方法にはいくつものデメリットがあります。
KING OF TIMEとタイムカードとの利便性を比較しました。

KING OF TIMEでコスト削減

管理サーバーやVPNの設置が不要で全拠点の勤怠データをリアルタイムに管理でき、
給料支払いまでの簡素化、迅速化、管理コスト削減のお手伝いいたします。

 
タイムカード
KING OF TIME
各拠点からタイムカードを集めて、
エクセル等で手動集計が必要
エクセル等で
手動集計が必要
×
○
不正打刻を
防げない
×
指紋認証等で
本人しか
打刻が出来ない
○
タイムカードが
ある場所に行かないと
確認できない
×
どこからでも
リアルタイムに
出勤状況を
確認できる
○
給与ソフトへ
手入力する
×
CSVデータでの
インポート
○
タイムカードの
保管場所が必要
タイムカードの
検索も大変
×
タイムカードの
電子化により
検索が簡単
○
手動補正
×
自動補正
○
不可能
×
可能
○