30日間無料体験
見積りシミュレーション
お問い合わせ資料請求

残業時間の管理

長時間残業の抑制は
働き方改革の最重要課題でもあります

残業の管理

過剰な長時間残業はどのようにすれば防止できるでしょうか。
まず第一に取り組まなければいけないことは残業時間の可視化です。
KING OF TIMEなら月別・週別・年別での残業時間をリアルタイムで確認できます。
離れた本社からでも拠点・店舗の従業員の残業時間が把握できるので、働きすぎ防止対策や、
人員調整が素早く行えるようになります。
また、あらかじめ設定した残業時間を超過した際に警告を表示したり、
管理者や従業員本人に自動でメール通知を行うように設定することも可能です。

残業基準の設定

普通残業、休日残業、割増残業など、様々な残業計算の基準を、社員、アルバイトなど、就業ルールの違う従業員ごとに設定できます。 残業の申請・承認後に残業時間を反映することもできます。

残業時間の確認

残業の申請・承認を行う場合は、最終承認者が残業承認後、残業時間が表示されます。 8時間超など、規定値を超えた時間を自動的に残業とする場合は、リアルタイムに打刻データの集計を行うので残業時間も瞬時に表示されます。その為、月中での労働時間の見直しも可能です。 また、アラート設定をすることで、一定の残業時間を超えた従業員のみを表示(色が付けられます)することもできます。

残業の申請

各従業員が パソコン、携帯電話から自分のタイムカード画面へログインし、残業の申請を行うことができます。 申請理由の入力、事後申請も可能です。

PC画面イメージ

PCでの画面イメージ

SP画面イメージ

SPでの画面イメージ

残業の承認

各従業員からの残業申請に対し、管理者が管理画面から承認・棄却を行います。従業員へコメントを返すこともできます。

残業管理

リアルタイムに打刻データの集計を行い、残業も瞬時に表示されるため、月中での労働時間の見直しも可能です。また、アラート基準を設けることで一定の残業時間を超えた従業員のみを表示(色が付けられます)することも出来ます。休日残業、割増残業の管理も可能です。