30日間無料体験
オンライン見積
資料ダウンロード

プレスリリース

勤怠管理システム「KING OF TIME」とビーコン自動打刻サービス「Linkit勤怠」が連携

公開日:2020年4月30日(当記事の内容は公開時点のものです)

株式会社ヒューマンテクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役:恵志 章夫)が提供するクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」は、株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭)のビーコン自動打刻サービス「Linkit勤怠」との連携を開始しました。

「Linkit勤怠」と「KING OF TIME」が連携

「Linkit 勤怠」は、専用のBLE(Bluetooth Low Energy)搭載の携帯用ビーコンとゲートウェイ(受信機)を用いて、従業員の所在データを取得し、取得したデータから出退勤時刻を抽出してクラウド経由で勤怠管理システムと連携させることで、客観的な勤怠実績の把握を容易に実現するサービスです。従業員はビーコンを携帯して特定エリアを通過するだけで、出退勤時間が自動的に記録されます。打刻の手間が省けるだけでなく、打刻忘れや勤務時間の改竄を防止でき、労働時間の客観的な記録として活用することができます。
また、PCやスマホが不要なため、オフィスだけでなく、店舗や工場・倉庫などのデスクワーク以外の職場でも利用することが出来ます。

<連携の概要>

ACCESSでは、「KING OF TIME」のユーザー企業を対象に、5月31日までに「Linkit勤怠」を新たに導入すると3か月分の「Linkit勤怠」の利用料が無料※1になるキャンペーンを実施しています。

「Linkit 勤怠」は、API連携でKING OF TIMEと容易に接続可能ですので、KING OF TIMEを利用中の企業は、専用のゲートウェイを設置してビーコンを従業員に配布するだけで、最短一週間で、月額サービスとして利用開始することが出来ます。

2020年4月1日より施行された働き方改革関連法における労働安全衛生法の改正に伴い、中小企業も「客観的方法による労働時間把握」が義務化されます。「Linkit 勤怠」は、働き方改革には欠かせない出退勤時刻の客観的記録を、位置情報を取得するビーコンや、クラウドといったIoT技術を活用することで、容易に低コストで実現し、あらゆる職場の働き方改革を支援していきます。

※1「Linkit 勤怠」導入には、月額利用料以外に導入初期費用、ハードウェア費用がかかります。




プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000010477.html