30日間無料体験
見積りシミュレーション
お問い合わせ資料請求

ニュース

勤怠管理システム「KING OF TIME」が「人事労務freee」とのAPIによるデータ連携を開始
煩雑だった勤怠~給与間でのデータ出入力を簡単シームレスに

株式会社ヒューマンテクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役:恵志 章夫、以下ヒューマンテクノロジーズ)が提供するクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」は、freee株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木 大輔、以下freee)が提供する「人事労務freee」とAPIによるデータ連携を2018年7月11日より開始致しました。 これにより「KING OF TIME」で集計した勤怠データを「人事労務freee」へワンクリックでデータ移行できるようになりました。

本連携によりバックオフィス業務の効率化を実現します。

毎月行われる勤怠集計~給与確定への流れにおいて、バックオフィスの業務軽減や、データを手動入力することによるヒューマンエラーを防ぐために、シームレスなデータ移行が求められていました。
従来、市販給与ソフトに対しては、勤怠集計データを手入力するか、CSVによるファイルでの出力~入力が必要となっており、作業や確認の手間が掛かっていただけではなく、ヒューマンエラーが発生する原因の一つともなっていました。
「KING OF TIME」と「人事労務freee」におきましては、APIでのデータ連携が可能となりましたので、今後は「KING OF TIME」で集計された勤怠データが「人事労務freee」にシームレスに連携され、従来掛かっていた出入力の手間や確認作業がなくなり、ヒューマンエラーの防止にもつながります。これによりバックオフィス業務の効率化を実現します。

勤怠管理システムKING OF TIMEについて

アクティブユーザー680,000人(2018年6月時点)、リアルタイム自動集計で大幅な業務効率化を実現する市場シェアNo.1※のクラウド勤怠管理システムです。ICカードや生体認証打刻、スマートフォンでのGPS打刻など多彩な打刻方法を取り入れている他、休暇の自動計算・自動付与や申請承認等、勤怠管理を効率化する豊富な機能を1名300円/月で提供しています。また法改正やお客様の声を反映して定期的なバージョンアップを無償で実施しています。
(※2017年 富士キメラ総研調べ:勤怠管理Saas市場 利用ID数)

人事労務 freee について

「人事労務 freee」は、10万事業所以上にご利用いただいていた「クラウド給与計算ソフト freee」を2017年8月にフルリニューアルしたHRプラットフォームです。入退社手続きや勤怠管理の新機能・新プランを追加し、HRプラットフォームとして採用や福利厚生、評価などを手がける他社の各種HRサービスとの提携を行っております。
また、経産省後援「第2回 HRテクノロジー大賞」で「労務・福利厚生サービス部門」の優秀賞、総務省後援「第11回 ASPIC IoT・クラウドアワード2017」でASP・SaaS部門の「基幹業務系分野グランプリ」を受賞し、「給与計算方法及び給与計算プログラム」に関する特許を保有(特許第6261134号)しています。

株式会社ヒューマンテクノロジーズ
URL:https://www.h-t.co.jp/
本社:東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス17階
設立:2003年12月   
資本金:19,930,000円
代表取締役:恵志 章夫