勤怠管理はkingoftimeTOP > 業務改善 > スケジュール管理

スケジュール管理

スケジュールパターンの設定

設定されるスケジュールの時間をパターン化できる場合は、スケジュールパターンを作成できます。出勤・退勤予定時刻、早出・残業の限界時間、固定の休憩時間、フレックス勤務の有無などをパターンとして設定します。
曜日に設定する
⇒例:社員は、月-金 18:00勤務
店舗カレンダーに設定する
⇒例:○○店は、7/7 は定休日
個人カレンダーに設定する
⇒例:Aさんは、7/7 は朝勤務パターン


日別スケジュール管理

日ごとのスケジュールの表示、修正が可能です。登録スケジュールより1時間長く設定したり、短く設定したりと微調整も可能です。また、時間帯ごとの労働予定人数と実績との比較も出来ます。


月別スケジュール管理

作成したスケジュールパターンを各従業員に割り当てるだけで、シフト管理ができます。また、割当てられたスケジュールパターン数が表示される為、日毎に適正にスケジュールを割りつける事ができます。


スケジュールの予実管理

作成したスケジュール(予定)に対して、実績とその差異をリアルタイムに確認出来ます。月、週、日、期間任意指定単位での比較が可能です。


携帯電話対応

携帯電話での勤怠管理
携帯電話でも自分のタイムカード、スケジュールが確認出来ます。
打刻の申請、有休等スケジュールの申請、残業の申請など各種申請も携帯電話から行うことが可能です。


勤務可能時間編集

従業員がPCや携帯電話から、勤務日・時間を指定し勤務可能時間を管理側に知らせる事ができます。これにより従業員の都合を参考にスケジュールを作成する事が可能です。



業務改善一覧トップに戻る