勤怠管理はkingoftimeTOP > 業務改善 > 勤怠集計業務の簡素化

勤怠の集計業務の簡素化

KING OF TIMEは、あらゆるタイプの時間自動計算をサポートしています。

様々なルールに対応した集計機能

雇用区分の設定
従業員を就業形態ごとに分類し、締め日/打刻の丸め/残業管理/自動休憩の有無/週・月単位の変形労働などを細かく設定することができます。打刻が行われると、登録された雇用区分ごとに異なる自動計算が実行されます。


時間帯区分の設定
1日24時間を8区分まで自由に設定でき、設定された区分ごとに時間集計を行います。
時間帯ごとに時給が異なる管理にご活用頂けます。


雇用区分の設定

従業員を就業形態ごとに分類し、締め日、打刻の丸め、8時間以上の残業計算、拘束時間からの休憩時間自動計算、週・月単位の変形労働などを設定することができます。打刻が行われると、雇用区分ごとに異なる自動計算が実行されます。


スケジュール設定

雇用区分の設定に加え、従業員ごとの勤務予定や、会社の標準勤務予定などを入れることで、遅刻・早退・所定外残業などの自動計算を行うことができます。スケジュールには、あらかじめ決まっている休憩時間を設定することができます。


時間帯区分の設定

労働基準法の規定を満たす出力のほか、企業独自の時間の区分(朝勤務、昼勤務など)を別に計算して、出力することができます。


業務改善一覧トップに戻る