申請承認機能

一般管理者には、編集権限を与えることで、スケジュール(シフト)や勤務実績を編集することができますが、編集権限ではなく、1段階低いレベルの申請権限を与えておくことにより、操作は申請として処理され、上位権限者によって承認されたとき、はじめて変更が有効になるように設定できます。

申請の種類

申請承認機能には、スケジュール申請/打刻申請/残業上限申請/勤怠確認申請/従業員登録申請の5種類があります。管理者は、承認/棄却を選択するだけで承認作業が行える。


承認権限

承認フローは、5段階までの承認者設定が可能です。


携帯電話からの申請

従業員は、携帯電話から各種申請をする事ができます。


スケジュールの申請・承認機能

従業員より、指定営業日の勤務予定を、別の勤務予定に変更する申請を行うことができます。残業を許可しないパターンから、許可するパターンへの変更を申請することによる「残業申請」や、有給・夏期休暇などの申請にもご利用いただけます。


従業員がPCや携帯電話から、各種スケジュールや、休暇を申請する事ができます。管理側で承認すれば個人別スケジュールに反映します。
これによりリアルタイムでのスケジュール管理が可能です。



管理画面上で承認します。


打刻の申請・承認機能

従業員がPCや携帯電話から、日々の打刻の忘れ、あるいは修正の申請ができます。管理側で承認する事により個人別タイムカードの時刻を確定します。



管理画面上で承認します。


従業員登録の申請・承認機能

従業員の仮採用を店舗で行い、人事部で承認するようなとき、従業員登録の申請機能をお使いいただけます。

勤怠確認の申請・承認機能

修正された最終的なタイムカードを、従業員自身に確認させるような場合、勤怠確認の申請機能を使うことができます。

残業時間の上限の申請

従業員がPCや携帯電話から、残業の上限時間の申請が可能です。理由の付与ができる為、管理側は理由の内容により上限時間の調整ができます。
これにより、無駄な残業代の削減に活用できます。



管理画面上で承認します。


業務改善一覧トップに戻る