アラート機能

KING OF TIMEでは、「何が異常な勤怠なのか」を定義し、その異常な勤怠を画面上で把握することにより、業務改善を支援します。

アラート基準の定義

アラート基準を所属(店舗・事務所)、雇用区分(職種)ごとに定義できます。アラート基準は (1) 日ごと (2) 週ごと (3) 月ごと に設定することができます。

例)
所定時間が週40時間を越えたらアラート
所定時間+残業時間が週50時間を越えたらアラート
週に最低1日休日を取っていなければアラート
月に50時間以上の残業があればアラート


労基法対応(アラート機能~お客様ごとにオリジナルルールの設定可能)

勤怠アラートルールを予め登録することにより、日別、週別、月別での残業時間、遅刻回数、休憩時間等のルール超過に対して表示します。これにより、労基法に基づいた人時管理の効率化をサポートいたします。


労基法管理 ~勤怠監視~

時間、日数を元に独自ルールを設定すれば、日別、週別、月別で色別表記します。これにより、一目でアラートルールに沿った管理が可能です。


労基法管理 ~勤怠アラートルールの設定「時間」~

時間を基準に独自の勤怠ルールが設定できます。
また、アラートの基準は 「超過」、「以上」、「以下」、「未満」から設定します。


労基法管理 ~勤怠アラートルールの設定「日数」~

日数を基準に独自の勤怠ルールが設定できます。
また、アラートの基準は 「超過」、「以上」、「以下」、「未満」から設定します。


業務改善一覧トップに戻る