勤怠管理はkingoftimeTOP > 導入事例 > ジャパンファーマシー様

業務の効率化に貢献!
株式会社ジャパンファーマシー様

調剤薬局を16拠点運営しているジャパンファーマシー様は、勤怠管理の集計作業を効率化する為に、指紋認証で「KING OF TIME」をご導入頂きました。

株式会社ジャパンファーマシー様

業態:調剤薬局
利用者数:約130名
拠点数:17(本社 1拠点/店舗 16拠点)
『KING OF TIME』導入前の管理方法:タイムカード+表計算ソフト

導入前の課題・問題点

勤怠時間の入力と集計作業がすべて手作業だった為、大変手間が掛っていた。

導入後の効果

  • 毎月の集計作業に対して大幅に工数削減ができた。(導入前:2名で2日間/導入後:1名で半日)
  • 導入前は、タイムカードを収集しないと集計作業ができなかったが、現在はリアルタイムで確認できる為、仕事の平準化ができる。
  • 勤怠ルールの統一化を実現することが出来た。
  • 有給休暇の管理が楽になった。
  • 勤怠とシフトが一元管理できるため、本社にて全拠点の残業管理・ヘルプ管理・シフト管理がリアルタイムにできる。

担当者様のご感想:総務部 大久保 幹 様

ジャパンファーマシー様、調剤薬局店舗

従来はタイムカードを使用していたので、各店舗でタイムカードの内容をエクセル表に入力し本部で集計をしていた。
その為に本部と店舗の負担が大きかったが、導入後は無駄な作業がなくなり大幅に業務改善につながり、スムーズに業務(勤務集計~集計結果の確認~給与計算まで)が行えるようになった。
また、本部で打刻忘れ・申請承認状況・残業時間を毎日確認し、異常勤怠に対して店舗側へ警告している。
今後は、人件費の予実機能を活用してシフト管理の効率化を行い、人件費削減に活用していきたい。

掲載:2011年5月


導入事例一覧トップに戻る