勤怠管理はkingoftimeTOP > 導入事例 > 大京アステージ様

携帯GPS打刻/業務のIT化・効率化でMCPCアワード受賞!
株式会社大京アステージ様

大京アステージ様 企業ロゴ

マンション等の管理員請負業務・清掃請負業務を行う大京アステージ様は、勤怠管理に関わるコスト、集計作業を効率化する為に、携帯電話・GPS打刻で「KING OF TIME」をご導入頂きました。

大京アステージ様 マンション管理1 大京アステージ様 マンション管理2

株式会社大京アステージ様

業態:マンション等の管理員請負業務・清掃請負業務
利用者数:約5000名
※従業員全員に携帯電話を貸与。各携帯電話にタイムレコーダーアプリにて打刻
『KING OF TIME』導入前の管理方法:紙(OCR機用)の出勤簿+勤怠管理システム

導入前の課題・問題点

  • 管理員からエリアリーダー(班長)への出退勤連絡(朝夕)等、業務負担があった。
  • 出勤簿の仕分け業務・未提出者への連絡・内容確認など、毎月初に業務が集中するため、担当者の時間外勤務が恒常的に発生していた。また、業務負担も大きかった。
  • 出勤簿の印刷代、月々の送付郵送料、保管スペースに要するコストも膨大であった。

導入後の効果

  • 管理員の出退勤を事業所でリアルタイムに一元的に把握し、エリアリーダーの負担を削減。
  • 勤怠に要する事務が日々の業務となり、業務が平準化、業務負担が軽減。
  • 紙・出勤簿を無くすことにより、FAX通信料、紙代、インクリボン代、出勤簿郵送料など経費削減。

担当者様のご感想:事業管理部長 三橋 様

従来は出勤簿をOCRにて読み取らせて使用していたので、誤認識の確認・修正、集計作業に大変手間が掛っていた。
また、出勤簿では人の動きがリアルタイムに分からないので、出退勤時に電話にて報告を行っており、管理員、エリアリーダーの業務負担になっていた。
導入後はコンプライアンス向上と、無駄な作業がなくなり大幅な業務改善、より正確な勤怠管理ができるようになった。
勤怠管理処理などに費やした時間をマンション居住者へのサービス提供に充て、顧客満足度の向上を図っている。

2011年MCPCアワード奨励賞を受賞

大京アステージ様はKING OF TIME導入にて、モバイルシステム導入による「業務効率化」、「業績向上」、「顧客満足度向上」、「社会貢献推進」、「先進的なモバイル活用」等の成果を上げたことを表彰され、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)より、2011年MCPCアワード奨励賞を受賞しました。

掲載:2011年9月


導入事例一覧トップに戻る