勤怠管理はkingoftimeTOP > ブログ一覧TOP > 11月定期バージョンアップ~残業計算機能が拡張されました

11月定期バージョンアップ~残業計算機能が拡張されました

2013年11月29日 10:00

皆様こんにちは、KING OF TIMEサポートセンターの小原です。

※今回の号外は、長期休暇中の宍戸に代わり、私が代筆しています。
 宍戸ファンの皆様が読みやすいよう、宍戸の文体を真似ています。

先日、11月末バージョンアップリリースが行われました。
今回も便利な機能が加わったので、さっそく変更点をご案内していきます!!

--------------------------------------------------------------
◆残業計算のルール設定がさらに細かく設定できるように!
--------------------------------------------------------------

今回のリリースの、目玉機能になります
残業計算ルールが、より細かく設定できるようになりました。

みなさん、残業の計算はどのように行なっていますか?
1日8時間を超えたら残業、週40時間を超えたら残業など、さまざまではないでしょうか
そんな中、今回のリリースからのような設定ができるようになりました!

『8時間を超えたら残業にする。
ただし、シフトが8時間以上の場合は、シフト時間を超えたら残業にする』


この設定を活用すると、以下のような集計が可能になります。
6時間シフトの場合、8時間を超えたら残業とし、
10時間シフトの場合は、10時間超えて初めて残業とする。


もちろん、シフトが8時間より短い場合は、8時間を超えたら残業になります。
また、これで月単位の変形労働に本格的に対応できるようになりました。

設定箇所は、「従業員種別の設定」からになります。ぜひご活用ください。

残業開始時間

「8時間0分」などの残業計算開始の時間が入力されており、
かつ「スケジュール時間を超過した勤務については、残業としてカウントする」にも
チェックが入っている場合に、選択肢が表示されますよ。


--------------------------------------------------------------
◆「出勤回数」の表示・出力が可能に!
--------------------------------------------------------------

これまでKING OF TIMEでは、「出勤日数」という考え方しかありませんでした。

これ、たとえば半休を取得してしまうと、その日の出勤日数は、
「0.5日」のカウントになってしまうんです。
もちろん、2回半休を取れば0.5日の計算が2回、合わせて1日の計算になります。

不便でしたよね? 不便でしたよね!!!
そこで今回のリリースから、「出勤回数」という考え方も導入されました。

たとえ半休を使ったとしても、出勤した回数は「1回」としてカウントします。
純粋に出勤した回数をカウントすることができるようになったんです!!

ただし、こちらの機能は「カスタム表示の設定」という、
別の機能も使用できる状態になっていないと使えません。
ご利用いただくには、サポートセンターでの切り替えが必要です。
ぜひ使いたい! というお客様は、お問い合わせフォームからその旨をご連絡くださいね。

「カスタム表示の設定」から、「月次系カスタム表示設定」を開くと、
「平日出勤回数」などが選択できるようになります!

カスタム表示の設定

作成した項目は、給与データ出力からデータ出力もできちゃいます!


--------------------------------------------------------------
◆「一括スケジュール設定」で、登録済スケジュールの詳細確認が可能に!
--------------------------------------------------------------

「一括スケジュール設定」の機能をご利用いただいているお客様も、多いと思います。
シフト作成をしながら、「シフトAって、何時までだっけ?」なんて、
確認したくなったことはありませんか?

これまでも「一括スケジュール設定」の画面では、
新たにスケジュールを割り当てるためにチェックを入れると、
スケジュールパターン名の箇所がリンクになって、詳細の確認が可能でした。

今回からはなんと!!! すでに登録済のスケジュールパターンであっても、
パターン名のリンクから詳細確認が可能になったんです!

一括スケジュール設定

パターン名をクリックすると~~↓↓↓

詳細画面

詳細画面でスケジュールの設定内容が確認できちゃいます。
これでシフト作成の時に、わざわざ別の画面で確認する手間は必要なくなりますね。

そもそも「クリックすれば詳細が確認できるなんて知らなかった」というお客様、
申し訳ございません。きっとまだまだ知らない隠れた便利機能がありますので、
以下のオンラインヘルプもぜひご覧ください!


--------------------------------------------------------------
◆所属グループを「名称 + コード」で表示可能に!
--------------------------------------------------------------

所属や従業員種別、従業員のお名前などは、今でも「名称」と「コード」を
組み合わせて画面表示が可能です。

今回から「所属グループ」についても、「名称 + コード」での表示が可能になります。

むしろ、なぜ今まで非対応だったのか、という厳しいツッコミはご勘弁ください。
設定は「企業の設定」からになります。

所属グループリスト表示

設定後は、下図のような表示になります。

所属グループ名称+コード表



= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

さてさて、いかがでしたでしょうか?

また、前回のリリースの際も皆様にお伝えしておりますが、
Windows XP、Internet Explorer6のサポートが来春に終了になります。

管理画面などの画面表示でレイアウトが崩れる、一部画面表示ができない、
というようなご報告をいただいても、プログラム修正の対応を行ないません。

なるべく早めにWindows7などのバージョンにアップデートをお願いしますね!

それでは今回は、このへんで失礼します!
今後ともKING OF TIMEをよろしくお願いします!!



▲ページのトップに戻る