勤怠管理はkingoftimeTOP > ブログ一覧TOP > スケジュールパターンの使用回数をcsvで出力する

スケジュールパターンの使用回数をcsvで出力する

2013年11月25日 10:00

皆様こんにちは、KING OF TIMEサポートセンターの宍戸です。
すっかり秋、冬の匂いも感じられる季節になってきましたね。
宍戸は北国生まれ皮下脂肪育ちのため暑いのが苦手なんですよ。
やっと先月くらいから、あぁ過ごしやすいなぁ、ウォーキングしても汗かかないなぁって
ご満悦でお外をウロウロしています。

でも私の周りには、寒いのがダメで夏大好き!な友人が多く、
なかなか辛さをわかってもらえなくて困っていましたが、
そろそろ私とおでんの季節がやってきましたよ!やったー!
宍戸とおでん
ここで私がいかに夏に弱く秋の訪れを喜んでいるかを書かせていただくと
3ヶ月分のブログができあがってしまいますのでそろそろ本題に入らせていただきますね。

スケジュール毎の使用回数を出力できる機能があるんです

今回は、スケジュールカウントデータ出力についてご案内します。

KING OF TIMEにおいて、スケジュールパターンを使用してシフト作成を行なっている
お客様がほとんどだと思いますが、

「Aパターンを誰が何回使っているのかな」

などという疑問や、

「AパターンとBパターンの使用回数だけ抽出したいな」

という必要性が少なからず出てきますよね。
そんな時は、必要なデータだけcsvで出しちゃいましょう!
というわけで、以下手順です。

必見!カウントデータ出力までの図解説明

データ入出力 > [スケジュールカウントデータ出力]ボタンをクリックします。

カウントデータ出力

次画面で、出力対象を選択して[データ出力]ボタンをクリックします。

出力条件

カウント数を出力したいスケジュールパターンを選択して[データ出力]ボタンをクリックします。

パターン選択

最後の確認画面で、問題なければ[データ出力]ボタンをクリックします。

カウント出力確認画面

はい、これで選択したスケジュールパターンの使用回数データが出力されました!
形式は、従業員コード,名前,選択したパターンの回数,選択したパターンの回数......となります。
メモ帳で開くと、こんな感じですね。

csv

もちろん、Excelで開いても便利ですよ。ぜひご活用くださいね!


いかがでしたでしょうか。
パターンの使用回数を可視化することで、偏りが見られたり新たな発見があるかもしれません。
ぜひご活用くださいね!

それでは今回もこの辺で。
今後もお役立ち情報をご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします!



▲ページのトップに戻る