勤怠管理はkingoftimeTOP > ブログ一覧TOP > 11月定期バージョンアップ~細かな便利機能追加

11月定期バージョンアップ~細かな便利機能追加

2012年12月11日 10:37

皆様こんにちは、KING OF TIMEサポートセンターの宍戸です。
今回も号外配信として、先日行われたバージョンアップの新機能をご紹介させていただきます!

まずは、おなじみ「日次勤務情報」をご覧いただけますでしょうか。

日次勤務情報

見どころが3箇所ほどありまして。

見どころ1. 日付ピッカー

日付選択リストの横に、カレンダーアイコンがありますよね。
こちらをクリックすると、下図のようにカレンダー形式で日付を選択できるようになったのです!

日付ピッカー

日付選択後、[表示]ボタン押下で対象日を表示できます!ちょっとした時間短縮です。

見どころ2. 従業員を指定して締める/解除する機能

※1 サポートセンターでの内部設定が必要です。ご利用になりたいお客様はご一報ください。
※2 締めの解除は、全権管理者のみ行うことができます。


「特定の1名だけの締めを解除したい...」
という経験がおありのお客様に朗報です。

今までは所属と従業員種別の組み合わせで、該当する従業員全ての締めを解除しなければ
いけませんでしたが、今回、個人を指定して締めを解除できるようになりました!

[勤怠の締めを解除する]ボタンを押下した際の確認画面に、
[従業員を指定して解除する]ボタンの追加です!

締め解除1

クリックすると選択画面が表示されます。

締め解除2

チェックが入っている従業員が対象です!
無事に解除作業を行いましたら、画面メニュー「所属情報」を見てみましょう。

所属情報

一目瞭然ですね。
全員が締まっていれば「」で、一部しか締まっていなければ「グレー」で表示されます。
個人ごとに締めや解除を行いたい場合は、ぜひご活用ください!

見どころ3. 「なし」スケジュールの廃止

今まで、打刻データや勤務日種別など、何かしらのデータは入っているのに
スケジュールが入っていなかった勤務日にはスケジュール「なし」と表示されていました。
また、全く何のデータも入っていない勤務日には、「--」という表示がされていました。

ですが、「なし」の意味に関するお問合せを少なからずいただいておりましたので
よりお客様にとってわかりやすい表現とする為に、
「なし」を「--」という表示に切り替えさせていただき、
全く何も入っていない勤務日には、何も表示しないように変更致しました。

こんなことも便利になりましたよ♪ 承認履歴を確認可能

あとは、便利になったことといえば申請の承認履歴を確認可能になったことですね!

下図のように、承認者が複数いたとします。

フロー

今までは、最終承認者が誰か、ということしか確認できなかったのですが、
今回、各階層で誰が承認したか、を確認できるようになったのです!

承認履歴

経緯が確認できるようになり、一般管理者が忘れてしまった
あの時の承認作業を思い出すきっかけになるかもしれません。

最後に。こんなことも出来るように~カラーピッカー

最後に、日付ピッカーだけでなく
カラーピッカーも追加しましたよアピールをさせてください。

パターン設定時に、色を選択する箇所が変わったんです。

カラーピッカー

カラーコードが表示されている枠内をクリックすればグラデーション方式、
右横のカラフルなアイコンをクリックするとパレット方式で色を選択できるのです!
ぜひイメージ通りの色を見つけてくださいね。



▲ページのトップに戻る