勤怠管理はkingoftimeTOP > ブログ一覧TOP > KING OF TIMEでシフト設定を行う(応用編~シフト数を数える)

KING OF TIMEでシフト設定を行う(応用編~シフト数を数える)

2012年6月 1日 11:29

皆様こんにちは、KING OF TIMEサポートセンターの宍戸です。

KING OF TIMEでは様々な種類のシフトパターンを設定出来ますが、
「早番と遅番の回数を偏らないようにシフト組みしたいけど、数をかぞえるのが面倒!」
こんな時に便利な機能をご紹介いたします。

組んだシフトってどうやって数えるの?

シフトを数えるのは大変

非常に面倒なシフト数を数える
そんな時は「スケジュールパターン数カウント機能」をどうぞ!

企業の設定の《スケジュール管理設定》内の
「スケジュールパターン数カウント機能」を「使用する」にして下さい。

この機能を使用することで、表示期間中どのパターンが
何回使用されているかを確認することができます。

シフトをカウント機能

氏名の横に見える有休残日数の表示は、同じく企業の設定の

「スケジュール設定画面で残数表示する休暇種別」です。
こちらも合わせて使用すると、選択した休暇の残数が表示されるのでとても便利です!
ぜひご活用下さい。

いかがでしたでしょうか。
シフト作成にお困りの店長様に、ぜひご活用いただきたいと思います♪



▲ページのトップに戻る