勤怠管理はkingoftimeTOP > ブログ一覧TOP > KING OF TIMEでシフト設定を行う(基本編)

KING OF TIMEでシフト設定を行う(基本編)

2012年5月23日 15:39

皆様こんにちは、KING OF TIMEサポートセンターの宍戸です。

マネをする姪

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は実家に帰省して、家族に元気な顔を見せてくることができました。

かわいい3歳の姪っ子にも久しぶりに会えまして、
成長の速さ、学習能力の高さに驚いたりもしました。子供ってすごいですよね!

※20年以上前のアニメのセリフを決める姪の図

前置きはさておき、私はお休みをいただくことができましたが、
サービス業の方々の中には、こんな時こそ稼ぎ時!と
鬼のようなシフトをこなしたスタッフ方も多いかと存じます。

そんな働き盛りのスタッフを抱える管理者の皆様に、
今回はシフト作成についてご案内させていただきます!

シフトってどこから設定すればよいの?

スケジュールパターンを一度設定してしまえば、
KING OF TIMEでスケジュールを組むには、個人別設定より入力するのみです。

所属を選択し[表示]ボタンを押すと現れる[一括スケジュール設定]ボタンを
押すと、以下の画面になります。

一括スケジュール設定

ここから従業員のカレンダーに対して、選択したスケジュールや
勤務日種別を割り当てることができます。

よくあるお問い合わせの中に、
「作成したスケジュールが選択リストに出てこない」
というものがございます。

一括スケジュール設定時、「全ての従業員種別」で表示していませんか?

スケジュールパターン作成時に、使用可能な従業員種別を
特定の種別で限定した場合は、一括スケジュール設定時も
対象の従業員種別を選択しての表示をお願い致します。



▲ページのトップに戻る